【徹底比較】あなたに合う電動歯ブラシはブラウン?パナソニック?

記事投稿日:2019年11月15日

記事更新日:2019年11月26日

電動歯ブラシ

【徹底比較】あなたに合う電動歯ブラシはブラウン?パナソニック?

1.導入

ドラックストアやインターネット上でたくさんの電動歯ブラシが購入できますが、「実際どれが自分に合っているのか分からない」という方もいらっしゃると思います。

  

この記事では、元歯科衛生士で電動歯ブラシ愛用者の私が、電動歯ブラシを販売している 
ブラウンのオーラルB」と「パナソニックのドルツ」に絞って詳しく解説しています。
  

この記事を読むことで、あなたに合った電動歯ブラシをイメージできるようになると思います。

  

はやみ すずか

「電動歯ブラシに興味はある」
「でも、種類が多すぎて選べない」という方は、ぜひご一読ください。


2.ブラウンとパナソニックの電動歯ブラシの大きな違いは歯垢除去力とブラシの大きさ!


ブラウンのオーラルBの強み、パナソニックのドルツの強みについてご説明します。

  
まずブラウンですが、大きな強みは回転式の丸型ブラシを採用していること。
   
歯の1本1本を包みこんで歯垢をしっかり落とすので、「爽快感を感じる」との感想が多いです。 
とにかくしっかり磨きたい!」という方に人気です。

  

一方のパナソニックは、ブラシが小さく、日本人の口に合わせて設計されていることが強みです。

  
ブラウンはドイツの会社のため、日本人基準で作られているわけではありません。 
しかし、パナソニックは日本の会社ですので、基本的に日本人の口や歯に合った造りになっています。
  

ブラウンの強みは回転式の丸型ブラシを導入していること、パナソニックの強みは日本人基準に作られた小さめのブラシです。

  


    

3.ブラウンのオーラルBとパナソニックのドルツの特徴

はやみ すずか

ブラウンとパナソニックの特徴を、次の7つの点からご説明します。


<価格帯>

  
楽天市場で調べてみたところ、ほとんど同じ価格帯でした。
  

ブラウンは廉価モデルで1万円台、高機能搭載の「ブラウンオーラルBジーニアス9000(モロッコデザイン)」で2万円台後半でした。

  
一方のパナソニックは、廉価モデルで1万円弱、高機能搭載の「 電動歯ブラシ 音波振動ハブラシ 「ドルツ」 EW-CDP53-S」で2万円台後半でした。
  

ブラウンとパナソニックの電動歯ブラシの価格帯は、ほぼ同じです。



<歯垢除去力>

  
ブラウンの方が強い
  

歯垢除去力で比較すると、ブラウンの方が強いです。ブラウンは回転式の丸型ブラシを採用しており、歯垢除去を徹底しているためです。
  

回転式の丸型ブラシが歯垢除去に優れている理由は、丸い形のブラシが1本1本の歯を包みこみ、歯全体の歯垢をかき出してくれるからです。
  
 

実際に、次のような結果も出ています。  

・手磨きと比べると歯垢除去率が99.7%アップ 

・フィリップスのソニッケアーと比較しても歯垢除去率が22%アップ 

 
歯周病や虫歯の原因となる「歯垢」を徹底的に落としたい方は、ブラウンがおすすめです。



<充電機能>

  
パナソニックは1時間でフル充電可能
 
充電機能で考えると、パナソニックの方が優秀です。 
短時間の充電で長時間使用できる設計になっています。

  
パナソニックのドルツは、たった1時間でフル充電が完了します。
  
ブラウンは12時間、フィリップスは24時間かかりますので、いかにパナソニックの充電機能が優秀かが分かるかと思います。

  

さらに、もし充電が完全に切れてしまった状態でも、2分充電するだけで1回歯磨きができる「クイックチャージ機能」も搭載されているため、いつでも快適に歯磨きができます。

  

充電機能で考えると、パナソニックがおすすめです。



<サイズ感>

  
ほぼ同じくらいのサイズ
  

少しだけパナソニックのドルツの方が小さく軽いですが、ほとんど差はありません。
  

実際に大きさと重さを調べてみました。
 

・パナソニックのドルツEWCDP53S(シルバー) ブラウンのオーラルB 
高さ 23.5cm 24.1cm 

 

・ジーニアス9000 D7015356XCTMCモロッコデザイン)  
重さ 110g 133g 
 

大きさや重さにはほとんど差がありません。「サイズ感」は、両者を選ぶ時の決め手にはならないと思います。



<見た目の印象>

  
色はパナソニックの方がかわいらしい
  

個人的な意見になりますが、パナソニックのドルツの方がかわいらしい色だと感じます。

  

ブラウンもパナソニックもさまざまな色が用意されていますが、ブラウンは強そうなデザイン、パナソニックはやわらかいデザインに感じます。

  
個人によって好みは異なると思いますので、色や形を確かめてみてください。



<音>

  
ブラウンは重低音、パナソニックは高めの音
  
耳ざわりというほど大きな音ではありませんが、どちらも音が鳴ります。

  

ブラウンは「ブーン」という重低音、パナソニックは「キュイーン」という高めの音が特徴です。
  

外出先でも使えるような小さな音なので、あまり気にする必要はないと思います。




<その他の機能>

  
ブラウンはスマホ連動、パナソニックは舌磨きが可能
  
ブラウンのオーラルBは、スマホと連動した機能が充実しています。 
磨き残しをチェックできる「ポジション検知機能」が搭載されており、視覚で「ここが磨けていないな」とすぐに分かります。

  

「せっかく電動歯ブラシを使うなら、磨き残しの無い徹底的な歯磨きをしたい!」という方には、オーラルBの「ポジション検知機能」はとても嬉しい機能です。

  

一方のパナソニックは、舌の汚れを除去する「舌ブラシ」が付いているのが嬉しいポイントです。

  

舌が汚れていると口臭の原因になります。普通の電動歯ブラシで舌を磨くと、舌が傷つき、口臭が悪化することがあります。
  

そのため、電動歯ブラシで舌を磨くのは基本的にNGです。

  
しかし、パナソニックのドルツには舌表面の汚れを落とす「舌ブラシ」が付いていますので、舌を傷つけることなく舌磨きができるのです。 
舌磨きまでできる電動歯ブラシは珍しいです。
  

「歯のケアも舌のケアも同時にしたい!」という方には、パナソニックのドルツがおすすめです。


   

4.電動歯ブラシ選びで重視したい2つのポイント

電動歯ブラシ選びで大事なのは、 
しっかり歯垢除去ができるか」 
電動歯ブラシを継続的に使えるか」の2点です。 

 
それぞれ解説しますね。


<しっかり歯垢除去ができるか>

  
歯磨きの1番の目的は「歯垢除去すること」です。
  
歯垢を除去することにより、虫歯や歯周病、口臭予防することが歯磨きの目的なので、「歯垢除去力」は必ず押さえたいポイントです。

  

歯垢を除去するには、電動歯ブラシ本体の歯垢除去力と、「自分の口にフィットしているか?」がポイントです。
  

歯垢除去力はブラウンのオーラルBが強いので、基本的にはオーラルBがおすすめです。

  

ただし、口が小さい日本人には、オーラルBの大きさが合わないことも。 
「わたしは口が小さい方だ」という自覚のある方は、パナソニックの方がフィットする可能性があります。

  

まとめると、歯垢除去力が高いのはオーラルBですが、口の小さい人にはパナソニックの方が合う可能性が高いです。



<電動歯ブラシを継続的に使えるか>

  
電動歯ブラシを購入しても、継続的に使わなければ意味がありません。 
継続的に使うためには、好きなデザインであること充電が楽なことが大事だと思います。

  

パナソニックのドルツは1時間でフル充電できますので、「自分は面倒くさがりなんだよな」という自覚のある方は、ドルツが合うかと思います。 
少しの充電で、しばらく使用できます。

  
デザインの好みは個人差がありますが、  
「スタイリッシュで機械っぽい物が好み」な方はブラウンのオーラルB、 

「やわらかいデザインが好み」な方はパナソニックのドルツが合うと思います。

  

歯垢除去力」と「継続的に使えるか」の2つを考慮して、電動歯ブラシを選びましょう。


   

5.こんな人にはブラウンの電動歯ブラシがおすすめ


次に当てはまる方には、ブラウンのオーラルBがおすすめです。

  

・虫歯や歯周病を予防したいので、歯垢除去力の高い電動歯ブラシが欲しい 

・磨き残しのないように、スマホとの連動機能が欲しい 

・口の大きさは普通〜大きい方だと思う 

・「キュイーン」という高い音が苦手 

 
とにかく徹底的に歯垢を除去したい方には、ブラウンのオーラルBがおすすめです。
  
今まで虫歯や歯周病で嫌な思いをしてきた方、「今度こそは予防したい」という気持ちの強い方にはブラウンのオーラルBがぴったりです。


   

6.こんな人にはパナソニックの電動歯ブラシがおすすめ


次に当てはまる方には、パナソニックのドルツがおすすめです。

  
・パワーがやさしめの電動歯ブラシが欲しい 

・口のサイズは小さい方だと思う 

・歯磨きと同時に「舌磨き」もしたい 

 
パナソニックのドルツは、日本人向けに作られた商品です。
  

「口が小さい」という自覚のある方は、歯垢除去力の高いオーラルBよりも、小さめに作られたドルツの方が、かえって歯垢除去が上手くできる可能性があります。

  

舌磨き機能もありますので、口臭予防をしたい方にもパナソニックのドルツがおすすめです。


   

7.ブラウンとパナソニックおすすめの電動歯ブラシ

ブラウンのオーラルBとパナソニックのドルツの商品を4つご紹介します。



 

8.まとめ

ブラウンのオーラルBとパナソニックのドルツについて詳しく比較してみました。 

どちらも電動歯ブラシの世界ではとても人気の商品なので、すぐに選ぶのは難しいかもしれません。

  

もう一度それぞれの特徴を振り返ると、次の通りです。


<ブラウンのオーラルBがおすすめな人>

  
・虫歯や歯周病を予防したいので、歯垢除去力の高い電動歯ブラシが欲しい 

・磨き残しのないように、スマホとの連動機能が欲しい 

・口の大きさは普通〜大きい方だと思う 

・「キュイーン」という高い音が苦手

   

<パナソニックのドルツがおすすめな人>
  
・パワーがやさしめの電動歯ブラシが欲しい 

・口のサイズは小さい方だと思う 

・歯磨きと同時に「舌磨き」もしたい 

  
せっかく電動歯ブラシを購入するなら、安価すぎる物ではなく、 
上記でご紹介したような「効果の期待できる少し高い商品」がおすすめです。
   

はやみ すずか

この記事が電動歯ブラシ選びのお役に立てたら幸いです。 
質問等はTwitterのDMでお待ちしております!


はやみ すずか

元歯科衛生士の目線から見たオススメの電動歯ブラシをご紹介!
ぜひ、まだ手磨きの方や買い替えで電動歯ブラシの良さを体感してみてくださいね(^^)