歯科医が電動歯ブラシを選ぶ時のポイントとは?プロ推薦のおすすめ商品を比較しました!

記事投稿日:2019年11月17日

記事更新日:2019年12月27日

電動歯ブラシ

歯科医が電動歯ブラシを選ぶ時のポイントとは?プロ推薦のおすすめ商品を比較しました

  

いまや自宅でのオーラルケアの基本となった電動歯ブラシ。 
 
機能から価格まで多種多様なものが揃っているだけに、一体どれがいいのか分からないという人も多いですよね。
  

はやみ すずか

そこで、この記事ではオーラルケアのプロである歯科医がすすめる
電動歯ブラシとはどんなものか?について解説します。
   
さらに、元歯科衛生士の私がおすすめの電動歯ブラシもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 


1.歯科医がおすすめする電動歯ブラシとは?


<歯科医が電動歯ブラシを選ぶときのポイント>
  

・歯垢除去力が高いもの 
・歯ぐきを優しくケアできるもの 

 
 
価格や使いやすさなど電動歯ブラシを選ぶ基準はそれぞれありますが、
オーラルケアの専門家である歯科医が重視するポイントとは「歯科医院でのクリーニングに近いケアを自宅でできる商品か」というところです。
   

もちろん電動歯ブラシを使っていてもクリーニングは必要ですが、毎月のように歯科医院に通える人は少ないですよね。 
だからこそ、自宅でしっかり虫歯予防や歯周病予防ができるものを選ぶことが重要です。

   

では、具体的にどんな電動歯ブラシがいいのかというと、まずは「歯垢除去力が高いもの」です。 
手が届きにくい部分の歯垢や、こびりついた歯垢までしっかり落とせる商品なのかをチェックしましょう。
   


 
そしてもうひとつのポイントは、「歯ぐきを優しくケアできるもの」です。
   

パワーが強い電動歯ブラシほど歯ぐきへの刺激が強いので、やみくもに磨いていると歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。 
 
今は押し付け防止のセンサーが搭載されている電動歯ブラシなどもあるので、磨く際につい力が入ってしまう人にはおすすめですよ。

   


    

2.歯科医がおすすめする電動歯ブラシは「オーラルB」と「ソニッケアー」

具体的におすすめのメーカーはどれか?というと、ズバリこの2つです!
  

大手メーカーの中でもとくにおすすめなのは、 
ブラウンの「オーラルB」と、フィリップスの「ソニッケアー」です。

  
まずは、それぞれのおすすめポイントについてお話しますね。

  


◯ブラウン「オーラルB」
  

オーラルBシリーズは、世界の歯科医師が使用するNO.1ブランドに選ばれています。

  

歯科の専門器具から発想を得た丸型ブラシが大きな特徴で、歯を1本1本包み込みながら高速回転することで、こびりついた頑固な歯垢もこすり落とします。

  

回転式の電動歯ブラシは、音波式や超音波式にくらべてパワーが強いため、圧倒的な歯垢除去力があることが大きなメリットです。

  

磨いたあとのツルツル感や爽快感がやみつきになるという人も多く、まるで歯科医院でクリーニングしたような磨き上がりを体験することができます。
 



◯フィリップス「ソニッケアー」
  
ソニッケアーは、日本の歯科医・歯科衛生士使用率No.1ブランドです。

  

毎分約31,000回の超高速振動と、ブラシヘッドの幅広い振幅の組み合わせで音波水流を発生させ、毛先の届きにくい歯間部や奥歯などの歯垢を効果的に除去。
  

 

オーラルBが回転式のブラシで物理的に歯垢をこすり落とすのに比べて、
ソニッケアーは水流で歯垢を浮かせて落とすので、より優しい磨き心地になっています。

  

オーラルBと比較するとパワーは劣りますが、歯ぐきへの刺激がより少ないものを選びたい人におすすめです。


    

3.歯科医おすすめの電動歯ブラシを比較

はやみ すずか

ここからは、「オーラルB」と「ソニッケアー」の中から 
特におすすめの電動歯ブラシをご紹介します。


◯ブラウン オーラルB ジーニアス9000
  

「オーラルB ジーニアス9000 」は、オーラルBシリーズの中でも多彩な機能を搭載した人気モデルです。
  

1分間に約10,500回の左右振動率・約48,000回の上下振動率で、こびりついた歯垢をしっかり除去。
 
歯垢除去力が圧倒的に高いので、自宅での虫歯予防・歯周病予防にぴったりです。

  

さらに、スマホアプリと連動して磨き残しを防ぐ”ポジション検知機能”も搭載で、ワンランク上のオーラルケアができます。

  

その他、ブラシ圧が強いと光で知らせてくれる”押し付け防止センサー”や、
髪の毛の約8分の1の細さをもつ約0.01㎜の極細毛ブラシなど、歯ぐきへの優しさにもしっかり配慮。
  
パワーも優しさも譲れない!」という人におすすめの商品です。

    


 


◯ブラウン オーラルB PRO2000
  

「オーラルB PRO2000」は、ジーニアス9000よりもリーズナブルな価格で手に入るベーシックモデルです。

  
大手メーカーの中では気軽に購入できる価格ながらも、基本的な機能はジーニアス9000にけっして劣りません。
  
圧倒的な歯垢除去力押し付け防止センサー、極細毛ブラシはジーニアス9000と共通している部分なので、価格以上の満足度を感じられるはずです。

  

ただし、磨き残しを防ぐポジション検知機能は搭載されていないので、
正しいブラッシングができているという人におすすめな商品です。

    


 


◯フィリップス
ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート

  

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」は、ソニッケアーシリーズの中でも最新の機能を備えたハイスペックモデルです。

   

音波水流ですみずみまで歯垢を落とすソニッケアーシリーズですが、その中でもダイヤモンドクリーン スマートは特に高い洗浄力を誇っていて、歯垢除去力は手磨きの約10倍。

   

わずか2週間で歯ぐきの健康を促進したというデータもあるので、歯周病が気になる人にも最適です。

   

さらに、オーラルBと同様に磨き残しを防ぐポジション検知機能も搭載。
   
付属品として歯垢除去・歯ぐきケア・ステイン除去・舌ケアのそれぞれに特化した4本のブラシヘッドもついてくるので、目的に応じた磨き方ができるのも魅力です。

    


 


◯フィリップス
ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション

  

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション」は、ソニッケアーの中では比較的購入しやすい価格のベーシックモデルです。

   

ポジション検知機能は搭載されていませんが、高い歯垢除去力などの基本性能はハイスペックモデルに劣らないので、自宅でのケアとしては充分な商品です。

   

さらに、付属品として歯垢除去・ステイン除去・舌ケアができる3本のブラシヘッドが付属品としてついてくるので、コスパも優秀ですよ。

    


    

4.自分に合った電動歯ブラシを見つけるには

はやみ すずか

ここまでオーラルBとソニッケアーの商品をご紹介しましたが、
一体どちらが自分に合っているのか迷うところですよね。
  
そこで、それぞれにおすすめなのはどんな人なのか?をまとめてみました。



◯オーラルBがおすすめな人

  

・とにかく歯垢除去力にこだわりたい 

・パワーが弱い電動歯ブラシはもの足りない 

・磨きあがりのツルツル感や爽快感を味わいたい




◯ソニッケアーがおすすめの人

  
・優しい磨き心地にこだわりたい 

・電動歯ブラシを初めて使う 

・ホワイトニングや舌ケアもしたい


 

オーラルB圧倒的な歯垢除去力と電動歯ブラシならではのパワー
そして手磨きとは違う磨きあがりが大きな魅力です。
   

それに対して、ソニッケアー水流で優しく歯垢を落とすので、
電動歯ブラシ初心者でも違和感無く使えるでしょう。
   

それぞれ違うメリットがあるので、自分に合ったものを選んでくださいね。
 
 

      

5.まとめ


歯科医が電動歯ブラシを選ぶ時のポイントは、
歯垢除去力の高さ」と「歯ぐきへの優しさ」を両立していることです。

  
大手メーカーの中では「オーラルB」と「ソニッケアー」がとくにおすすめですが、
それぞれブラシの形や性能などが違うので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

  

 

はやみ すずか

この記事を参考にして、自分にぴったりの電動歯ブラシと出会ってくださいね。


はやみ すずか

元歯科衛生士の目線から見たオススメの電動歯ブラシをご紹介!
ぜひ、まだ手磨きの方や買い替えで電動歯ブラシの良さを体感してみてくださいね(^^)