大手電動歯ブラシ6本を本気でテスト!「絶対買い」なのはこのメーカーだった!

記事更新日:2020年12月29日

電動歯ブラシ

いまやオーラルケアの基本となっている電動歯ブラシ。

「使ってみたくても、あまりにも種類がありすぎて一体どれを買ったらいいのか分からない・・」

という人も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では人気の電動歯ブラシ6本を実際に使ってみたリアルなレポートをお届けします!

はやみ すずか

本音で評価するので、電動歯ブラシ選びで迷っている方はぜひチェックしてくださいね。



1.おすすめ大手電動歯ブラシを比較しました!

はやみ すずか

それではさっそく、
大手電動歯ブラシを実際に使った感想をレポートしていきます!


 

上位機種モデル

オーラルBジーニアス9000


サイズ・重量 W2.9×H24.1×D3.5cm・138g
モード 6モード搭載
(クリーンモード・プロクリーンモード・やわらかクリーンモード・ホワイトニングモード・歯茎ケアモード・舌クリーンニングモード)
機能 磨き時間お知らせタイマー・押し付け防止センサー・ポジション検知機能


ブラウンのオーラルBジーニアス9000は、歯科クリーニング器具に発想を得た丸型ブラシで、歯医者さんが推奨する正しい歯磨きを実現。

ジーニアス_ヘッドの大きさ6

歯垢除去力は手磨きの99.7%アップで、歯科クリーニングのようなツルツルの磨きあがりを実感できます。

付属ブラシはこちら

ジーニアス_ブラシ4

(デンタルらぼ研究員の評価)

ジーニアス_歯磨き1
丸型のブラシが歯を1本1本包み込みこむ感覚が新鮮です!磨きにくい歯と歯茎の間までぴったりフィットして、歯垢をごっそり落としてくれる感じがしますね。

しっかりパワーがありながらも、ブラシが柔らかいので磨き心地は優しいです。

また、ブラシを歯と歯茎に押し付けすぎると赤いランプが光る「押し付け防止センサー」がついているのも、歯茎を痛める心配がなくて安心。

さらに滑り止めがついていて滑りにくく、濡れた手でも使えるので機能性もしっかりしてますね。
総合的にかなりレベルが高い電動歯ブラシだと思います!

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート


サイズ・重量 W3.1×H25.5×D2.3cm・144g
モード 5モード搭載(クリーンモード・ホワイトプラスモード・ガムヘルスモード・ディープクリーンプラスモード・舌磨きモード)
機能 磨き時間お知らせタイマー・押し付け防止センサー・ポジション検知機能


ダイヤモンドクリーン スマートは、理想的なオーラルケアを実現する高性能電動歯ブラシです。

ソニッケアー_手持ち5

歯垢除去力は手磨きの10倍で、わずか2週間で歯ぐきの健康を推進。4 種類の高性能ブラシヘッドがお口の健康をサポートします。

(デンタルらぼ研究員の評価)
フェアリーウィル_歯磨き1

見た目はかなりブラシが大きいかな?と思ったけれど、実際に磨いてみるとそれほど違和感を感じません。

音波振動で届くにくい奥歯までしっかり磨けるのは嬉しいですが、ブラシ部分が大きめなので前歯を磨く時にぴったりの角度を見つけるのを少し手間取ってしまったかも・・・。
やはり、もうちょっとコンパクトだと動かしやすいですね。

ソニッケアー_ヘッド大きさ6

また、振動が大きいので慣れないうちは少しくすぐったいかもしれません。

ただし、デザインはスタイリッシュで気分が上がりました。グラスに入れておけば充電できるのもポイントが高いです!

付属ブラシはこちら

ソニッケアー_付属ブラシ4

 

ドルツ電動歯ブラシ


サイズ・重量 W2.9×H23.5×D3.5cm・110g
モード 5モード搭載(Wクリーンモード・ノーマルモード・ソフトモード・センシティブモード・Wガムケアモード)
機能 磨き時間お知らせタイマー・押し付け防止センサー


ドルツ電動歯ブラシは、ヨコ振動とタタキ振動の「W音波振動」で歯周ポケットと歯間の汚れへ立体的にアプローチします。

ドルツ_手持ち5

薄ヘッド・細ネックブラシで、奥歯の歯周ポケットにもあてやすく、さらに磨きやすくなりました。

(デンタルらぼ研究員の評価)

ドルツ_歯磨き2

人気メーカーの中でもダントツで軽くてコンパクトなので、女性でも磨きやすく、手が小さい人でも持ちやすいです。

奥歯の奥までしっかり磨けるし、毛が細くて柔らかいので歯の隙間にスルッと入っていく感じがしました。

ドルツ_ヘッド大きさ6

またステイン除去の歯磨き粉や、ホワイトニングや歯間ケアができる付属ブラシが5本もおまけで付いてくるので、かなりお得感がありますね!

ドルツ_ブラシ4

ただし、水流で磨くタイプの商品なので、磨いている時に水分の飛び散りが気になったかも・・・。そこだけが残念でした。

 

入門モデル

オーラルB Pro2000


サイズ・重量 W2.7×H23.2×D3.4cm・136g
モード 2モード搭載(やわらかクリーンモード・クリーンモード)
機能 磨き時間お知らせタイマー・押し付け防止センサー


オーラルBPRO2000は、丸型ブラシで徹底した歯垢除去を実現するシンプルモデルです。

プロ2000_ヘッドの大きさ6

ブラシ圧が強いと光ってお知らせする「押し付け防止センサー」や、付属の「やわらか極細毛ブラシ」で、歯ぐきへの優しさを実現します。

(デンタルらぼ研究員の評価)

プロ2000_歯磨き2

すでにご紹介した「ジーニアス9000」よりも、グリップが細くてにぎりやすいです。滑り止めもちゃんとついていますね。

プロ2000_手持ち5

そして、やはり丸型ブラシは安定して磨きやすい!簡単に歯の裏までがっつり歯垢が落とせるので、電動歯ブラシ初心者にもおすすめです。

実際に使ってみて、私はこれがイチオシです!

付属ブラシはこちら

プロ2000_ブラシ4

 

オムロン電動歯ブラシ


サイズ・重量 W9.6×H27.0×D3.0cm・64g
モード 2モード搭載
機能 磨き時間お知らせタイマー

ブラシの前後方向の動きで歯と歯のすき間や凹凸部の汚れをしっかり落とせる「タテ振動」と、歯と歯茎の境目や歯周ポケットの汚れをしっかりかき出せる「ヨコ振動」を組み合わせて、手みがきでは落としにくい部分の歯垢までしっかり除去します。

メディクリーン_手持ち5

(デンタルらぼ研究員の評価)

メディクリーン_歯磨き2

ブラシ部分が小さくて、11度の角度がついているので奥歯がかなり磨きやすいです!今までの商品のなかで、これが一番奥歯の磨きやすさを感じました。

メディクリーン_ヘッド大きさ6

ただし、ブラシ部分に角度がついているため前歯を磨く時にぴったりの角度を見つけるのが難しかったかも・・。そこは少し慣れが必要かもしれませんね。
他の電動歯ブラシではブラシが大きくて磨きにくかった!という女性におすすめの商品です。

付属ブラシはこちら

メディクリーン_ブラシ4

 

Fairywill 音波歯ブラシ


サイズ・重量
モード 3モード搭載(センシティブモード・クリーンモード・マッサージ)
機能 磨き時間お知らせタイマー


毎分3500回の微振動で歯の表面に付着した歯垢や汚れを強力に清掃し、2週間で健康的な口内環境をサポートします。

フェアリーウィル_手持ち5

また、ブラシの毛先には段差を付け、歯の表面だけでなく歯の隙間や凹凸に毛先が入り込み、歯垢を効果的に除去します。

(デンタルらぼ研究員の評価)

フェアリーウィル_歯磨き2

ブラシがM字型なので、前歯にぴったりフィットする感覚がありました。

フェアリーウィル_ヘッドの大きさ6

値段の割にはモードも多いし、入門モデルの中ではけっこうコスパがいいと思います。

軽くて持ちやすいのもポイントが高いですね。

ただ、振動が強いので下の歯を磨いているときにガン!と響く感じがしました。奥歯磨きにくいのも少し残念です。

付属ブラシはこちら

フェアリーウィル_付属ブラシ4

 

2.テスト結果の比較表

種類 オーラルB
ジーニアス9000
ソニッケアー ドルツ オーラルB
Pro2000
オムロン Fairywill
総合評価 38 31 34 35 32 28
価格 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
駆動方式 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
グリップ感
(持ちやすさ)
☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆
ヘッドの大きさ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆
磨きやすさ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆
見た目 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
充電の早さ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
磨き終わり ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆


3.こんな人にはこの電動歯ブラシがおすすめ

はやみ すずか

それぞれのメーカーごとに磨き心地や機能に特徴があるので、目的別におすすめの商品を選んでみました。

電動歯ブラシ初心者や口の小さな女性には「ドルツ電動歯ブラシ」

ドルツ_全体3

ドルツ の大きな特徴は、コンパクトなヘッドと本体の軽さです。

実際に磨いてみて、口が小さめの私でもスルリと奥まで磨けました。

電動歯ブラシは基本手磨き用の歯ブラシよりも大きめのものが多いので、はじめは違和感を感じる人も多いはず。

でもドルツ なら手磨き用のブラシと大きさがほとんど変わらないので、スムーズに磨けると思います。

日本人の口の大きさを考えてつくっているのは、やはり日本メーカーならではですね。

 

 

とにかく歯垢をしっかり落としたいなら「オーラルB Pro2000」

プロ2000_全体3

オーラルBは、とにかく丸型ブラシのフィット感と歯垢を落とすパワーがダントツです。

歯医者さんでクリーニングしたあとのようなツルツル感や爽快感を味わえるのは、この商品だけでした。

私は、せっかく電動歯ブラシを使うのなら手磨きとは違う磨き上がりを感じたい!というタイプなので、オーラルBはかなり理想的です。

スタンダードモデルの「Pro2000」でも押し付け防止センサーがついていて機能性も申し分ないですし、持ち歩き用のトラベルケースも付いているので、かなりコスパがいいと思います。

 

 

手軽さと使いやすさなら「オムロン電動歯ブラシ」

メディクリーン_全体3

オムロンの電動歯ブラシは、1万円以下で買えて性能もしっかりしているので、入門モデルとしてはかなりバランスがいいと思います。

コンパクトで軽く、ブラシに角度がついていて奥歯にもスルッと入るなど、使いやすさがしっかり研究されている商品です。

またオムロン独自のタテ・ヨコ振動が、手みがきでは落としにくい部分の歯垢までスルッと落としてくれます。

押し付け防止センサーなどプラスαの機能がついていないのは残念ですが、あれこれ機能がついていても使わない人や、とにかくシンプルなものが使いやすい!という人にはぴったりだと思います。

 

研究員が選んだおすすめの電動歯ブラシは「オーラルB Pro2000」!

プロ2000_歯磨き1

<おすすめポイント>

丸型ブラシが歯と歯茎にフィットする

とにかく歯垢をがっつり落とせる

押し付け防止センサーつき

価格以上の価値がある

最終的に私が「これ欲しい!」と思ったのは、ズバリ「オーラルB Pro2000」です!

プロ2000_手持ち5

電動歯ブラシの本来の目的である「歯垢をしっかり落とす」という部分では、他の商品よりも一歩抜きん出ている感じがしました。

さらに、押し付け防止センサーなどの機能つきで、トラベルケースもついてくるのでコスパも良しです!
価格以上の価値を感じたので、私は今後「オーラルB Pro2000」を使っていこうと思います。

基本的に、オーラルBシリーズの丸型ブラシが素晴らしかったので、ハイスペックモデルの「ジーニアス9000」もおすすめなのですが、私にはちょっと価格がお高いかな・・と。

「ジーニアス9000」にはアプリとの連動機能がついていて、磨き方のクセや磨き残しをチェックすることができるので、より完璧なブラッシングを目指す人にはこちらのほうが満足度が高いと思います。

すでに他の電動歯ブラシをお使いの方も、オーラルB独自の丸型ブラシのフィット感や、磨き上がりの爽快感をぜひ味わってみて欲しいです。

かなりおすすめですよ!

4.まとめ

今回は、人気メーカーの電動歯ブラシ6本を実際に使ってみたリアルな感想をレポートしました。

私はブラウンのオーラルBを選びましたが、それぞれの商品に特徴やメリット・デメリットがあるので、自分に合うものを選ぶことが大切だと思います。
今回のレポートはどれも正直な感想をお伝えしているので、ぜひ電動歯ブラシ選びの参考にしてみてくださいね!

はやみ すずか

元歯科衛生士の目線から見たオススメの電動歯ブラシをご紹介!
ぜひ、まだ手磨きの方や買い替えで電動歯ブラシの良さを体感してみてくださいね(^^)