電動歯ブラシでステイン除去!ホワイトニング効果の高い電動歯ブラシ3選

記事更新日:2020年06月20日

電動歯ブラシ

音波や超音波振動で自分では磨きにくい部分の汚れもしっかりと落としてくれる電動歯ブラシ。
最近では歯科医院でおすすめしていることもあり、多くの人が使うようになりました。

汚れを落としてくれる電動歯ブラシですが、どうせなら歯も白くしてほしい!と考えている方も多いと思います。
では、電動歯ブラシにはステインなどを落とす効果はあるのでしょうか?

はやみ すずか

今回は電動歯ブラシを長年愛用している元衛生士の筆者が、電動歯ブラシとステインについてお話していきます。


軽い着色なら落とせるが見た目で明らかな着色は落とせない

結論から言うと、電動歯ブラシである程度のステインは落とせます。
しかし、長年蓄積した頑固な汚れや歯の内側まで染みついてしまった汚れまでは落とすことはできません。

そもそもステインとは、お茶やコーヒー、ワインなどに含まれる色素やタバコのヤニなどが歯の表面に付着する歯の汚れです。
歯が黄ばんで見える原因のほとんどがこのステインによるものです。

ステインの原因になるもの

コーヒー

赤ワイン

お茶

チョコレート

ココア

カレー など


 

ステインは時間の経過とともに歯に定着し、落ちにくくなります。
そのため、着いたばかりのステインは電動歯ブラシで落とすことができますが、定着してしまったステインは落とすことができません。

 

電動歯ブラシを使っていて、どうしても落ちない黄ばみや着色は自分の力では落とすことができないため、歯科医院のホワイトニングや専用のクリーニングをうける必要があります。

 

無理に汚れを落とそうとして、強く歯ブラシをしたり一日に何回も歯磨きをしたりするのは歯を傷つけてしまう原因にもなります。
さらには歯の表面に細かい傷ができ、さらにステインが付きやすくなることもあります。

ホワイトニング効果の高い電動歯ブラシ3選

電動歯ブラシにもステインの除去に対応したものが販売されています。
以下でホワイトニング効果の高いおすすめの電動歯ブラシを紹介していきます。

はやみ すずか

汚れと一緒にステインの除去もしていきたい!という方は、ステイン除去効果のある電動歯ブラシを選びましょう。


ただし、電動歯ブラシにも限界はあり、必ずしも理想の白さになるわけではないことを頭に入れておきましょう。

フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーンスマート

大手電機メーカー、フィリップスから販売されているソニッケアーの上位モデルであるダイヤモンドクリーンスマート。

5つの歯磨きモードを搭載し、その中にあるホワイトプラスモードは、ステインを落としやすくし自然な白さへと変えてくれます。
付属の替えブラシとして、ステインが落ちやすい構造になったプレミアムホワイトブラシがついているので相乗効果で落としやすいステインを除去できる電動歯ブラシです。

搭載モード クリーン、ホワイトプラス、ディープクリーンプラス、ガムヘルス、舌磨き


付属ブラシ プレミアムクリーンブラシ、プレミアムガムケアブラシ、
プレミアムホワイトブラシ、舌磨きブラシ 各1本


ブラウン オーラルBジーニアスシリーズ9000

大手電動歯ブラシメーカーのブラウンから販売されている電動歯ブラシのオーラルB。
歯科医院で使うクリーニング機器と同じ「丸型ブラシ」を採用しているのが大きな特徴です。

強力な歯垢除去力が魅力ですが、上位モデルのジーニアスシリーズには6つの歯磨きモードがあり、ステインを落としやすくするホワイトニングモードを完備。
1週間の使用で落としやすいステインを落としながら、自然な白さの歯にしてくれます。

6つのモード搭載 プロクリーン、舌クリーニング、ホワイトニング、やわらかクリーン、歯ぐきケア、クリーン



パナソニック ドルツ EW-DL34

日本メーカーのパナソニックから販売されているドルツ。
持ち運びの電動歯ブラシとして有名ですが、置いておくタイプの電動歯ブラシにはステインを除去できる「ステインオフブラシ」が付属しています。

毛先の断面を円形からひし形に変え、ブラシ毛を密集させやすくなったことで効率的に着色汚れを除去しやすくなっています。

付属ブラシ :密集極細毛ブラシ、ステインオフブラシ 各1本



着色を完全に落とす方法はホワイトニング

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングは、「過酸化水素」や「過酸化尿素」を主成分とした薬液を歯に塗布し、成分に含まれている酵素を利用して、エナメル質の中に入り込んでいる色素を強力に分解し漂白していく処置になります。
イメージするなら洗濯物を漂白剤で白くするような感じです。
ホワイトニングは表面だけをキレイにする歯磨きやクリーニングとは違い、歯の内側から漂白するため、美しい白さになるのが大きな特徴です。

ホワイトニングのメリットデメリット

 

メリット

ホワイトニングは自分の歯磨きでは落とせない頑固な着色汚れも落とすことができるため、芸能人のような真っ白な歯に変えることができるのがメリットです。自分の歯を普段の歯磨きやクリーニングでは実現できない輝く白さにすることが出来るのはホワイトニングだけ。顔の印象を変え、清潔感のある印象になれます。

 

デメリット

ホワイトニングは汚れを分解するために強力な薬剤を使うため、歯の神経が過敏になり「知覚過敏(ちかくかびん)」になることもあります。
通常は知覚過敏の症状が出ても、数日で収まりますが決まった使い方を守らずに長期間使用してしまうと、知覚過敏が進行し最悪の場合は歯の神経をとる場合もあることを覚えておきましょう。

また、ホワイトニングは歯科医院で自費診療になるため2万円~3万円と高額な費用がかかることもデメリットです。

ホワイトニングはどこで受けられる?

基本的にホワイトニングは歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で専用のマウスピースを使用して行う「ホームホワイトニング」があります。
どちらもまずは歯科医院で診察を受ける必要があるため、まずは診察の予約を取りましょう。

最近ではホワイトニングサロンなども出来ていますが、医師がいる歯科医院ではホワイトニング効果の出やすい高い濃度の薬液を使用するため、しっかりとホワイトニング効果を得たい!という方は歯科医院でのホワイトニングをおすすめします。

何かトラブルがあってもすぐに対処してくれるので安心できるでしょう。

まとめ

着いて間もないステイン(着色汚れ)は電動歯ブラシでも落とすことができますが、着いてから時間の経った頑固なステインは電動歯ブラシでも落とすことができず、歯科医院などのホワイトニングに頼るしかありません。

はやみ すずか

しかし、日頃からしっかりと電動歯ブラシを使用していればステインがつきにくくなるので着色汚れの予防にもなります!

黄ばみが気になるようでしたら、一度歯科医院のホワイトニングを受け、その後は着色がつかないように電動歯ブラシでケアしていくのがおすすめです。

はやみ すずか

元歯科衛生士の目線から見たオススメの電動歯ブラシをご紹介!
ぜひ、まだ手磨きの方や買い替えで電動歯ブラシの良さを体感してみてくださいね(^^)