電動歯ブラシは意味がない!?電動歯ブラシの正しい使い方を徹底解説します!

記事更新日:2020年06月20日

電動歯ブラシ

高速な振動で、目には見えにくい汚れも除去できる電動歯ブラシ。
手動で歯磨きをするより何倍も歯垢(プラーク)の除去率が高いと歯科医院でもおすすめされています。

しかし、一部では電動歯ブラシは意味がない!と言われていることも…。

はやみ すずか

では、電動歯ブラシを使う意味がないと言われている理由は何なのでしょうか?
歯科医院で長く勤めていた&電動歯ブラシ愛用者の筆者が詳しく解説していきます。


「電動歯ブラシは意味がない」と言われる理由は?

「電動歯ブラシを使っていても効果がない」と言われる理由のほとんどが、きちんと汚れが落ちない!使っているのに虫歯や歯周病になった!という方がいるからです。

 

これは電動歯ブラシによる正しい歯磨きがされていないことにより、磨き残しから虫歯や歯周病などのお口のトラブルに繋がってしまっていることが考えられます。

 

電動歯ブラシはただむやみに使っているだけでは、効率的に歯磨きをすることは出来ません。
ここは多くの人が勘違いしやすいポイントです。電動歯ブラシも手動の歯ブラシと同じように正しい歯磨きの仕方を覚える必要があります。
高価な電動歯ブラシを買うだけで、手磨きよりも汚れが落ちている気分になってしまいがちですが、どんなにいい歯ブラシを使っていても結局は自分の歯みがきの仕方が一番重要です。

 

特に電動歯ブラシは手をあまり動かさないで歯を磨いていくため、歯ブラシの毛先をいかに上手く汚れのついている部分に当てていくかがポイントになります。
手動と同じように手を動かして磨いてしまうと逆に汚れが残ってしまう原因にもなります。

 

電動歯ブラシを使っていたのに虫歯になってしまった!電動歯ブラシなんて意味がない!と感じている人は歯磨きの仕方が正しくないかもしれません。今一度、自分の歯磨きの仕方を見返してみましょう。

「バス法」と「スクラビング法」

歯の磨き方ですが、電動歯ブラシでも歯科医院で推奨されている「バス法」と「スクラビング法」を取り入れて磨くことをおすすめします。

バス法

バス法は、ブラシを歯と歯茎の間に対して45度で当て細かくブラシを動かしていく磨き方です。
電動歯ブラシの場合は振動があるため自分で動かさなくても大丈夫です。

スクラビング法

スクラビング法は、歯の表面に対してブラシを90度に当てていく方法です。
歯の表面に対してブラシの表面をまんべんなく当てるように磨いていきます。手磨きではブラシを横にスライドさせながら磨いていきますが、電動歯ブラシは振動があるため歯の表面全体に当たるようにブラシを小さく当てるだけで大丈夫です。

電動歯ブラシを使った正しい磨き方

はやみ すずか

電動歯ブラシを使った、正しい歯磨きの方法を解説していきます。

まず、電動歯ブラシに歯磨き粉やジェルタイプの歯みがき剤をつけましょう。そしてブラシ部分を口に含んでからスイッチをオンにするようにして下さい。

 

この時、口の外で電源をオンにしてしまうと振動で歯磨き粉が飛び散ることもありますので注意しましょう。

 

電動歯ブラシでの適切な歯磨き時間は2分ほどです。そのため、歯並びを2分割にして磨いていくと上手く時間配分が出来るようになります。


電動歯ブラシを使った2分歯磨きの時間配分

上の歯の右半分:30秒~

上の歯の左半分:30秒~

下の歯の右半分:30秒~

下の歯の左半分:30秒~


また、磨く時に左側の奥歯から右側の奥歯まで(左→右へ)と自分で磨く順番を決めておくと磨き残しなく磨くことが出来ますよ。

 

ブラシの当て方ですが、歯のかみ合わせ部分や歯の側面はスクラビング法で磨いていきましょう。
磨きたい歯の表面にブラシの表面をベタっと当てます。この時、電動歯ブラシの振動を使って磨いていくため、歯の表面にまんべんなく当たるようにブラシ部分を小さく動かすだけで大丈夫です。

 

そして忘れてはいけないのが、歯と歯茎の境目である「歯周ポケット」です。
ブラシを歯周ポケットに対して45度の角度にしてあてるバス法を取り入れてみがいていくと、ポケットの奥の汚れもキレイに落ちます。

歯ブラシの毛先が、歯と歯ぐきの境目に入り込むように意識してブラシを当てて下さい。
この時も手が大きく動かさず、毛先がしっかりと入り込むように小さく動かすだけでOKです。

 

このように、歯の表面と歯と歯ぐきの境目を1本ずつ磨いていきます。
最初は慣れずに時間がかかると思いますが、コツをつかむと全ての作業を2分で終えることが出来るようになりますよ。

はやみ すずか

重要なポイントは「自分の手は大きく動かさない、ブラシの当たる位置を意識する」ことです!

 

電動歯ブラシの効果を上げるポイント

 

以下のポイントを気をつけながら電動歯ブラシを使っていくと、効果をより高く感じることが出来ます。
電動歯ブラシを使っていく上でも重要なポイントなので押さえておきましょう。

ジェルタイプの歯磨き剤を使う

まず、最初の重要なポイントとしては電動歯ブラシに使う「歯磨き粉」です。
手磨きの時に使っていた一般的な歯磨き粉は電動歯ブラシには向きません。

 

なぜなら、歯磨き粉には「発泡剤」といった泡立ちをよくする材料が入っています。
手磨きの時にはいいですが、電動歯ブラシでこの発泡剤が入った歯磨き粉を使ってしまうと、高速振動でさらに泡立ちがよくなってしまいお口の中が泡でいっぱいに。

泡立ちがいいと磨けた気分になってしまい磨けていない部分を見逃しがちになってしまいます。

また、汚れを落とすツブツブした「研磨剤」が含まれている歯磨き粉も注意が必要です。
強力な振動により、研磨剤で歯のエナメル質(歯の表面)を削ってしまう恐れがあるからです。

 

はやみ すずか

電動歯ブラシを使う時には、研磨剤や発泡剤が入っていないジェルタイプの歯みがき剤を使うようにしましょう。

極細毛のブラシを使う

電動歯ブラシには、さまざま形状をした替えのブラシが売られていますが、一番おすすめなのが「極細毛」のブラシです。
極細毛はブラシの毛が0.01mm~0.02mmの細いタイプの物で、この細い毛先の部分が歯周ポケットにしっかりと入り込み、磨きにくい隙間の汚れも落としてくれます。

特に歯周病のケアを意識して歯磨きしたい方は、極細毛のブラシを使うようにしましょう。
ブラウンのオーラルBやパナソニックのドルツの電動歯ブラシにも、極細毛のブラシがあるのでおすすめです。

ブラシのヘッド部分は3ヶ月ほどで交換する

これは普通の歯ブラシにも言えることですが、歯ブラシのブラシ部分は使っていると毛が外に開いていきます。
ブラシが真っすぐ整っている状態でないと、いくら正しく歯磨きをしていても上手く歯周ポケット(歯と歯茎の境目にある溝)に歯ブラシの毛先が入っていきません。

 

汚れを効率的に掻きだすことが出来ず、歯磨きの効果も下がってしまうことに…。

電動歯ブラシのブラシ部分は一般的に3ヶ月で交換が必要になります。
半年や長いとそれ以上同じブラシを使い続けている人が多いですが、定期的に交換するようにしましょう。

歯磨き時間は2分~3分

電動歯ブラシでの歯磨き時間は2分~3分です。
短いと感じる方もいると思いますが、電動歯ブラシは強力な振動を起こし歯を磨いていくため長時間歯を磨いてしまうと歯を傷つける原因にもなってしまいます。

 

上位モデルの電動歯ブラシであれば、2分で自動的に振動がストップするタイマー機能がついていたりしますが、タイマー機能が無い場合は時計を見ながら自分で歯磨き時間を調節するようにしましょう。

まとめ

電動歯ブラシはただ使うだけではその効果は得られません。
普通の歯ブラシでも電動歯ブラシでも、正しいブラッシング方法を知ることが重要です。

特に電動歯ブラシは自分の手をあまり動かさずにブラシを当てていく必要があるため、手動の歯磨きと同じ磨き方をしてしまうと汚れが残ってしまう原因になることも。

はやみ すずか

正しい磨き方をマスターすれば、手磨きの何倍も汚れが除去出来るので慣れるまではしっかりと歯磨きの練習をしましょうね!

はやみ すずか

元歯科衛生士の目線から見たオススメの電動歯ブラシをご紹介!
ぜひ、まだ手磨きの方や買い替えで電動歯ブラシの良さを体感してみてくださいね(^^)