クリニカの歯磨き粉は電動歯ブラシには使えない?研磨剤と発泡剤を解説

記事投稿日:2019年12月30日

記事更新日:2020年02月06日

電動歯ブラシ

3/21 楽天お買い物マラソンがスタート!
私が記事でご紹介している電動歯ブラシもお得に買えます

【電動歯ブラシだからとしっかり歯垢除去ができる! 口内環境をきれいにしてウイルス対策にも】
ブラウンオーラルB 電動歯ブラシ pro2000

クリニカの歯磨き粉は電動歯ブラシには使えない?研磨剤と発泡剤を解説

 

はやみ すずか

CMでもおなじみの「クリニカの歯磨き粉」ですが、 
電動歯ブラシとの相性が悪いという話を聞いたことがあるでしょうか。

 

この記事では、  

・電動歯ブラシとクリニカはなぜ相性が良くないのか 

・電動歯ブラシに適した歯磨き粉は、どんな特徴があるのか
  
などについてご説明しています。

   

 


1.電動歯ブラシとクリニカの相性は良くない!

 

はやみ すずか

結論からお伝えすると、 
電動歯ブラシとクリニカの歯磨き粉の相性は良くないです。

 

理由は、クリニカから発売されている歯磨き粉には 
研磨剤発泡剤が含まれているためです。

   

研磨剤や発泡剤はほとんどの歯磨き粉に含まれていますが、 
歯を傷つけたり、着色を悪化させたり、実はデメリットも多いんです。

   

実際の口コミをご紹介しますね。

  



 
<1-1> 
< 実際の口コミ >

    


クリニカは「フッ素が多く配合されている」というメリットがある反面、 
研磨剤も多く含まれているんです。
 

    
 


クリニカの歯磨き粉を使うなら、ペースを決めるのがおすすめです。

    
 


 
クリニカの歯磨き粉は研磨剤が入ってます。

   



 
<1-2> 
クリニカから発売されている歯磨き粉をご紹介
   
 

はやみ すずか

2019年12月現在、 
クリニカから発売されている歯磨き粉は次の4つです。





  


  
 

商品紹介ページの「成分情報」をクリックすると、  
「清掃剤:無水ケイ酸A」という表示がありますよね。 
これが研磨剤です。
   
 

クリニカの商品には、すべて研磨剤が入っていると分かります。

 

   

 
 

数年前は研磨剤の入っていない商品もありましたが、 
現在は発売停止しているようです。

   
 

クリニカから発売されている歯磨き粉には、研磨剤が配合されていることが分かりました。


  


 
<1-3> 
クリニカの歯磨き粉の魅力

   
「クリニカの歯磨き粉は研磨剤が入ってるのでおすすめできない」 
とお話ししてきましたが、魅力もあります。

   

・全国のドラッグストア気軽に購入できる 

・値段が比較的安価 

・フッ素が多く配合されているので虫歯を防ぐ作用がある 

  
 

電動歯ブラシとの相性は悪いですが、 
 
手で歯磨きする時のみ使用する」「3日に1回使用する
など工夫するなら、使っても全然OKです。
   

  

2.電動歯ブラシと相性の良い歯磨き粉は?

 

結論からお伝えすると、
  
・研磨剤の入っていないもの 

・発泡剤の入っていないもの 

・電動歯ブラシ専用のもの 

 

がおすすめです。

 

   

具体的には「ジェルタイプの歯磨き粉」が電動歯ブラシに適しています。

   

先ほどもお話ししたように、研磨剤や発泡剤は電動歯ブラシとの相性が悪いんです。

  

これらが配合されていない歯磨き粉をを選ぶようにしましょう。
   

電動歯ブラシ専用をうたっている歯磨き粉は、 
研磨剤や発泡剤が入っていませんので、安心して使うことができますよ。

 
 

    

はやみ すずか

次に「どうして研磨剤や発泡剤は良くないのか」 
についてご説明しますね。


3.発泡剤・研磨剤入り歯磨き粉のデメリット

 
<3-1> 
研磨剤入りの歯磨き粉を使うデメリット

   
研磨剤のデメリットは主に2つあります。  
 

・エナメル質を傷つけるため知覚過敏が発症しやすくなる 

・傷ついた箇所に汚れがたまり、着色が悪化する 

 
   

研磨剤は汚れを落としやすい反面、「歯を傷つけやすい」という特徴があります。

  

特に電動歯ブラシの力は強力なので、歯の表面を削ってしまう危険性があるのです。

   

せっかく歯磨きをしているのに、知覚過敏や着色を悪化させるのは悲しいですよね。

  

研磨剤入りの歯磨き粉は避けましょう。

   


 
<3-2> 
発泡剤入りの歯磨き粉を使うデメリット

   
発泡剤のデメリットは主に2つあります。  


・泡立ちが良いせいで「しっかり磨けた」と勘違いする 

・ゆすぐ回数が多くなり、必要な成分まで落としてしまう 

 
   

発泡剤はアワアワ成分のことです。

  

泡がたくさん発生すると、歯垢を除去しきれていないのに、 
「しっかり磨けた!」という気持ちになってしまいます。

   

磨けたつもりを繰り返し、いつの間にか虫歯になってしまうことも。

 
 

    

また、泡を流すために、口をゆすぐ回数が増えます。
  

何度も口をゆすぐと、歯磨き粉に含まれるフッ素成分まで落ちてしまうんです。

  
せっかくの虫歯予防成分が落ちてしまうのは、もったいないですよね。
   

また、電動歯ブラシで発泡剤入りの歯磨き粉を使うと、泡が飛び散ります。
  

鏡や洗面台が汚れてしまうので、掃除が大変になります。

    


  
ジェルタイプの歯磨き粉は、下記の記事で紹介しています。
  

< 電動歯ブラシは歯磨き粉の必要性なし?歯磨き粉選びのコツを解説 >

  


 
おさらいすると、電動歯ブラシに適した歯磨き粉は
  
・研磨剤が入っていないもの 

・発泡剤が入っていないもの 

・電動歯ブラシ専用のもの
  
です。 

  

はやみ すずか

ジェルタイプの歯磨き粉を使うようにしましょう。


  

4.クリニカの歯磨き粉を使いたいなら、手動の歯ブラシと併用がおすすめ

 

クリニカの歯磨き粉には、 
安価でどこでも購入できる」「フッ素が多く配合されている」という魅力もあります。

  

悪い点ばかりではないのです。
 
  

「電動歯ブラシも使いたいし、クリニカの歯磨き粉も使いたい」という方は、 
手動の歯ブラシと併用すると良いですよ。

 
   

例えば、


・家:電動歯ブラシ+ジェルタイプの歯磨き粉 

・職場:手動の歯ブラシ+クリニカの歯磨き粉
  
のように、電動歯ブラシとクリニカの良いとこ取りをするのがおすすめです。

   

5.まとめ

 
クリニカの歯磨き粉は、研磨剤や発泡剤が含まているので、 
電動歯ブラシと一緒に使うのはおすすめできません。

 

   

電動歯ブラシを使う時には、 
電動歯ブラシ専用の歯磨き粉」や「ジェルタイプの歯磨き粉」で磨くようにしましょう。

 

    

はやみ すずか

電動歯ブラシでの正しい磨き方については、 
次の記事で詳しく解説しています。
  
もしよろしければ、読んでみてください。

 

<【完全版】電動歯ブラシの正しい使い方 お手入れ方法と注意点を解説 >

  


はやみ すずか

元歯科衛生士の目線から見たオススメの電動歯ブラシをご紹介!
ぜひ、まだ手磨きの方や買い替えで電動歯ブラシの良さを体感してみてくださいね(^^)